胃潰瘍にもネキシウムが力を発揮する

人間の胃の中は、食べたものを消化したり口から侵入してきたウイルスや細菌を殺菌するために強酸性の胃液が分泌されています。本来、胃液の量は食べ物の消化のために必要な量がきちんとコントロールされており、胃の壁も胃酸によって溶けることがないように粘膜で守られています。しかしストレスなどが原因となって胃酸の分泌量のコントロールが崩れて過剰に分泌されるようになってしまうと胃の粘膜が損傷して胃の壁に潰瘍ができ、嘔吐、吐血や下血などの症状が生じてしまいます。症状が悪化すると胃に穴が開いて胃の内容物が腹膜に入り込んで炎症を起こし、腹膜炎を起こしてしまうことがあります。これが胃潰瘍です。胃潰瘍の原因となっているのは胃酸の分泌過多のため、胃酸の分泌を抑える薬が処方されます。それがネキシウムです。ネキシウムは胃酸の分泌を行うプロトンポンプの働きを抑制する「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれており、直接プロトンポンプに作用して胃酸の分泌を抑える働きがあります。1日1回の服用で胃の中のPH値を24時間コントロールすることができ、即効性があり、薬の効果に安定性があるので誰にでも効果がある薬ありながら副作用がほとんど起こらないと言われているため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の際の第一選択薬となっています。胃潰瘍の治療の際にはネキシウムで胃酸の分泌を抑制している間に胃の粘膜保護剤などを一緒に服用することで、胃の粘膜を治療するという方法になります。ネキシウムは効果が高い薬のため、胃潰瘍の場合には処方される期間が6週間と決まっていますが、胃潰瘍の維持療法として胃酸の分泌量をコントロールするためにネキシウムの少量での投与を長期的に処方されることもあります。

ネキシウム持続時間はどのくらい

ネキシウムの持続時間はどのくらいかと言えば、基本的に用法用量が1日1回で可能であり、1回の服用がネキシウムの10mgか20mgですので、概ね1日は効果があると考えて問題ないでしょう。ピロリ菌除菌の目的で使用するときは、1日2回で、1回20mgを用います。 しかも、この薬は、空腹時に服用すると吸収がよくなり、効き目が早く現れる特徴があります。 胃の内部のPHは、1日を通して安定を保つために、1日1回の服用で24時間の胃のPHをコントロールできる優れた薬です。 つまり、1日1回で治療が可能な薬ですので、持続時間は 1日と考えてさしつかえありません。 ネキシウムを服用することによって、常に胃の内部のPHを4以上に保つことが出来るので、逆流性食道炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発が防げる効果があります。 また、ネキシウムは服用し始めてわずか1~2日で、逆流性食道炎の胸焼け症状が消失するようになり、その効果が継続するため画期的な薬として胃腸障害にもひろくもちいられるようになっています。 持続時間がこのように1日と長いだけではなく、ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬に分類されますが、従来のプロトンポンプ阻害薬では便秘の副作用がおこることがよくありましたが、このネキシウムではその副作用がかなり抑えられるようになっているので、継続して服用することも可能にしてくれています。 1日に一回の服用でこのような効果があるため、ネキシウムは幅広く胃腸に関する様々な症状の改善に役立っています。 さらに、胃がんの病原菌となるピロリ菌の除去治療の目的としても使われる有益な薬です。 ネキシウムは、医療機関で医師の指示によって処方してもらうことができます。

ネキシウムの価格や入手方法、一般の胃腸薬との違い

ネキシウムは胃酸過多による胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる医薬品で、一般的な胃腸薬とは作用が大きくことなります。胃酸の分泌はアセチルコリンやヒスタミンといった物質が、胃粘膜にあるプロトンポンプと呼ばれる分子に信号を送ることで発生します。通常であれば、定期的な間隔によって少量の分泌が見られますが、何らかの原因で異常が発生すると、絶えず胃酸が分泌され胃壁を荒らすような結果となります。ネキシウムは信号が送られてくるのをプロトンポンプに到達する前に阻害する働きを持つことから、強力な胃酸抑制作用を持ちます。このことから、プロトンポンプ阻害薬に分類されるのがネキシウムで、一般の胃腸薬であるH2ブロッカーとは作用が大きくことなります。胃酸の抑制作用においてはネキシウムが強力で、持続性や安定性があるため、長期的な治療に向いているとされます。しかし、即効性がないので頓服として使用することができず、最大8週間という投与制限もあることから状況に応じてH2ブロッカーと使い分けられることになります。加えて難治性の食道炎を見られる場合は、例外的に併用されることもあります。ネキシウムの価格は健康保険が適用されている場合に限り、10mgが83.4円、20mgは145.1円となります。ただし、保険が適用されるのは8週間の治療においてのみで、それ以上の服用を継続する場合は全額自己負担となります。自由診療は薬代の相場が決まっていないのでかなり高額な料金が請求されることになりますが、病院処方でなければいけないというわけではないため、個人輸入によるネット通販で購入する人も多いようです。個人輸入では診察代や処方箋代が不要で、実質薬代だけで済むのが特徴です。薬代も20mg14錠入りで4,400円前後の相場となっているため、自由診療で購入するより安く入手することができます。