妊娠中にタナベ胃腸薬やネキシウムを飲む時は相談

妊娠初期には胃もたれを感じる人が多くいますが、それはホルモンバランスが乱れることや自律神経のバランスがおかしくなることに起因しているとされています。
そこで、妊娠中に胃もたれや胃がムカムカする症状、膨満感、胃痛などが起こる場合、タナベ胃腸薬などの市販薬を使って対処しようとする人も多いことでしょう。
タナベ胃腸薬の「調律」は胃腸の運動機能を正常にするトリメブチンマレイン酸塩や、胃酸を中和して胃の中のphを抑える制酸剤などが含まれているため、胃もたれや胸やけに効果的だとされている薬です。
そのため、胃もたれなどの胃の不調を治そうとしてタナベ胃腸薬の調律を選ぶのは良いのですが、妊娠中の人や妊娠している可能性がある人は、薬剤師に相談してからこの薬を飲むことを決めた方が良いという注意事項が添付文書に書いてあり、更にはこの薬を飲むことによって母乳が出にくくなる場合があるという点が、妊婦さんには気になるポイントとなっています。
さて、胃の不調としては逆流性食道炎という、胃から胃酸が逆流して食道に炎症を起こし、食道の粘膜にただれや潰瘍が出来てしまう病気がありますが、妊娠中期以降は子宮が大きくなって胃を圧迫し下部食道括約筋がゆるんでしまうことや、黄体ホルモンの影響で胃の消化機能が低下することから、妊婦さんにも逆流性食道炎になってしまう人が多くいます。
さて、ネキシウムは逆流性食道炎の治療によく使われている薬ですが、それはこの薬が胃酸の分泌を強力に抑える働きを持っているからです。
ネキシウムは病院で医師が患者さんの症状に合わせて処方する薬となっており、妊娠中にネキシウムを服用するのは治療上のメリットが大きい時とされていますが、妊婦さんでひどい胸やけや呑酸、胃のむかつきなどに悩んでいるならネキシウムがよく効くかもしれませんので病院で医師に診察を受け、この薬の使用について相談してみるのがおすすめです。