胃カメラに映らぬ症状もネキシウムで解消、腹痛も治る

胃腸薬には多くのものが世に出ています。
ネキシウムも多くの胃腸薬の一つです。
ネキシウムは胃酸分泌抑制薬、つまりプロトンポンプ阻害薬として広く知られています。
胃酸の分泌をブロックすることで、胃酸過多を防ぐ作用が非常に強いのです。
主に、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの疾病の治療にあたって使用されています。
逆流性食道炎の治療は、プロトンポンプ阻害薬の登場によって劇的に前進したと言われています。
逆流性食道炎というのは、胃カメラでうつるのとうつらないのがありますが、メンタル面から発症することもあるようです。
ネキシウムが出てくるまで使われていた過去のタイプのプロトンポンプ阻害薬では、症状改善にも顕著な成果が得られませんでした。
半分以上の患者が、週1回以上は腹痛をはじめとするお腹の不調に苦しんでいるという現実があったのです。
ネキシウムは過去のプロトンポンプ阻害薬よりも秀逸な酸分泌抑制効果のおかげで、逆流性食道炎の治療に圧倒的に上昇させる最先端の薬として、世に受け入れられたのです。
まさに、ネキシウムは画期的な医薬品であると言えましょう。
病院の処方では、ネキシウムの10mgあるいは20mgが処方されることとなっています。
1日の最大投与量は20mgであり、ネキシウムを使用しての治療は8週間までが最長とされています。
健康保険の適用も8週間までが限度とされているのです。
病院での処方を受けない場合は、ネットの通販サイトから購入することもできます。
なお、ネット通販で買う場合は、第1類医薬品の取り扱いをしている医薬品専門の通販サイトから購入ができます。
一般的な通販サイトや町のドラッグストアでは、ネキシウムを取り扱っていませんので、購入することができません。